これいい部

これいいね、いいよね~、と思える事を集めました!

シェールガス会社が破綻!原油安が原因?日本への影響は?

      2016/08/14

Natural gas flame against blue sky

昨年夏からの原油安局面で、シェール企業の破綻は初めてと見られています。

アメリカ、カナダで地中深いところにあるシェール層からオイルやガスを取り出す技術が開発されました。

従来の大きな油田から算出される原油に比べると開発コストは高く、1バレル50ドルを割り込んだ現在の原油価格では利益を出すのが難しいとされています。

開発会社には中小企業が多く、開発費を借入金に頼っており、原油価格によって業績が大きく左右される構造になっています。

さらにアメリカの金融機関が中小のシェール会社への融資回収を急いでいるとの見方も出ており、原油価格が急激に上がらない限り、中小シェール企業の破綻が続く可能性があります。

写真出典:media.yucasee.jp

 

今後の原油安の行方は?

 

企業力がある一部の会社は、今年も高水準の投資をしていく可能性が高いです。

効率的な掘削方法などの技術が進み、ひとつの油井あたりの生産量も上がってきています。

なので中小シェール企業の破綻や金融機関の投資を抑える動きが広がっても、現在世界的に原油受給を悪化させているアメリカの原油生産量の拡大に歯止めがかかるかどうかは不明です。

WTIで1バレル40円台に突入してはいますが、当面、世界的な原油の供給過多の状態は続くと見られており、原油価格の下落に歯止めはかからない状態です。

 

日本への影響は?

 

原油価格が下がったことは、日本に限っていえば経済を押し上げることにはなります。

しかし産油国にとっては大きな打撃となることは明らかです。

日本経済が単独で存在するものではなく、多くの国々の政治・経済から影響を受けて成り立っているのですから、大きな影響があることは確かです。

アメリカでシェール革命が起こったことで原油価格が下がり、世界的に原油供給が過剰となり、それによって日本ではガソリンの価格が下がりました。

多くの加工品の価格も下がってくると予想されていました。

しかし、大本となるシェール企業が破綻していけば、また違ったシナリオになってきます。

またロシアやベネズエラなどの産油国も経済的に厳しい状態になってきており、破綻まではなくても、中止されたり縮小されるシェール関連事業が多くなると予想されています。

 

スポンサード リンク

 - 国際

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ドナルド・トランプ
トランプ氏が大統領になったら?世界はこう変わる!日本はどうなる?

数々の暴言のたびに話題になりながら根強い人気を維持している、アメリカ大統領選、共 …

アメリカ大統領
トランプ大統領かクリントン大統領か?日本にとって良いのはどっち?

1日の「スーパーチューズデー」で、共和党は大富豪のドナルド・トランプ氏が7州で勝 …

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98
【トランプ米大統領】誕生!日本の外交はこう変わる

「ドナルド・トランプアメリカ大統領」が誕生しましたね。 「まさか、なっちゃったん …

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98
【トランプ大統領就任】過激(?)な公約まとめ!日本はどうなる!

2016年11月9日、大方の予想を裏切ってドナルド・トランプ米大統領が誕生しまし …

伊勢志摩タイトル
伊勢志摩サミットで南海トラフ地震?被害の規模は?考えられる対策

5月26、27日に三重県伊勢志摩で開かれるG7伊勢志摩サミット。 準備が着々と進 …