これいい部

これいいね、いいよね~、と思える事を集めました!

天皇陛下が生前退位!「平成」の次の新元号はどう決める?

   

富士山

天皇陛下が数年以内に生前退位するというニュースが伝わっています。

生前退位とは、今の天皇が皇太子に位を譲る事を言います。

日本は明治以降、生前に天皇が退位するという事はなかったので、約200年ぶりの生前退位です。

今までの日本の慣習に倣えば、天皇が変われば元号が変わります。

そういえば、昭和から平成に変わった時には、すでに新元号が用意されていました。

という事は、平成の次の元号も、もう決まっているんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

元号が変わるのはいつ?

 

いつ変わるかは、新天皇が誕生した時です。

今のところ確実な日付はわかりませんが、天皇陛下は「数年以内の譲位」を望まれ、宮内庁でも調整が進められているとの事。

数年と言っても、現天皇陛下の年齢などを考えると、東京オリンピックより前には次の元号になる可能性が高いです。

 

次の元号はどうやって決める?

 

日本で最初に元号が使用されたのは飛鳥時代にさかのぼります。

最初の元号は「大化(たいか)」で、645~650まで使われました。

元号の決め方は1979年(昭和54年)に成立した元号法によります。

元号法には

第1項:元号は、政令で定める。

第2項:元号は、皇位の継承があった場合に限り改める(一世一元の制)」

と書かれています。

皇位の継承があった場合に、新しい元号に改まります。

昭和天皇が亡くなられた時、内閣が有識者とともに新しい元号を決め、発表されました。

 

スポンサードリンク

 

なにになる?

 

現在の「平成」に決める時には「修文(しゅうぶん)」と「正化(せいか)」という候補もあったそうですが、「平成」がわかりやすくて親しみやすい、という理由から、最終的に平成に決まりました。

実は「平成」という元号は、1979年の元号法の成立後、政府の委嘱を受けた陽明学者の故・安岡正篤氏によって提案されていました。

ただこの時には、

  • 改元の手続きは正式に天皇の死後の着手が適切
  • 国民の印象や縁起上の問題もある

として、不採用とされました。

その後、昭和天皇が腸閉塞のため開腹手術を受けたのを機に、政府は改元案準備を見直して、改めて漢学や国史関連の大学教授に委嘱し、山本達郎氏が「平成」、目加田誠氏が「修文」、宇野精一氏が「正化」を提出し、再び「平成」が復活しています。

つまり公式には昭和天皇が亡くなってからの手続きでしたが、案はその前から考えられていたのです。

とすると、平成の次の元号も、すでに候補は上がっていると考えられます。

 

まとめ

 

誰かが亡くなる事を想定しての準備など考えたくはないですが、国政の混乱や遅滞を招くことは避けなければなりません。

明治は45年、大正は15年、昭和は64年まで続きました。

平成は今年が28年。

どうやら平成30年前後には、新しい元号がスタートする事になりそうです。

 

<この記事を見た人はこんな記事も見てます>

天皇陛下が数年以内に生前退位!その理由と海外での例

 

スポンサード リンク

 - 国内

  関連記事

宮内庁
天皇陛下が数年以内に生前退位!その理由と海外での例

出典:tamionet.com 天皇陛下が「生前退位」される意向とのニュースが伝 …