これいい部

これいいね、いいよね~、と思える事を集めました!

六甲山の秋夜景を見に行こう!おすすめな穴場スポットはどこ?

      2016/08/14

六甲夜景

日本三大夜景の摩耶山を有する六甲山。全国でも有数の絶景スポットで知られています。 今回は、穴場的なおすすめの夜景スポットをご紹介いたします!

 

スポンサードリンク

 

掬星台(きくせいだい)

摩耶キラキラ小径2

日本三大夜景に選定されている摩耶山・掬星台は、神戸市内はもちろん、大阪方面までも一望できる大パノラマ夜景を眺める事ができます。

2箇所ある木製の展望台は、両方とも夜景案内掲示板が設置されており、眺める建物などの詳細を確認することが出来ます。車で行くことも出来ますが、「まやビューライン夢散歩」というケーブルカーとロープウェイを乗り継いで行くのもすてき。

平成25年3月に、星の駅に新たに「摩耶ビューテラス702」という軽食やバーベキューを楽しめる施設が誕生しました。また近くには「オテル・ド・摩耶」というホテルなどもあります。

基本的には終日夜景を楽しめますが、23時頃までに行くと、「摩耶キラキラ小径」という道がブラックライトに照らされ、綺麗に光り輝く様子を見ることが出来ます。ここに埋め込まれている石は、通称「マヤストーン」と言われ、星の駅などで購入することも出来ます。

ちなみに掬星台とは、「手で星を掬(すく)うことが出来る」というのが名前の由来です。

基本情報

  • 住所:神戸市灘区摩耶山町2-2
  • アクセス:
    【公共交通機関利用の場合】
    三宮駅ターミナル前から神戸市バス18系統で摩耶ケーブル下」バス停下車。
    その後、摩耶ビューライン夢散歩(ケーブル・ロープウエイ)で山上駅へ
    【車の場合】
    摩耶山天上寺前の駐車場から道に沿って南へ、徒歩10分
  • 営業時間:掬星台は終日開放(まやビューラインご利用の場合)
    ■春(3/20~7/19)、秋(9/1~11/30)
    始発10:00~終発17:30(平日)
    始発10:00~終発20:50(土日祝)
    ■夏(7/20~8/31)
    始発10:00~終発20:50(全日)
    ■冬(12/1~3/19)
    始発10:00~終発17:30(平日)
    始発10:00~終発19:50(土日祝)
    定休日:火曜定休(まやビューライン)
  • 料金:掬星台は入場無料
    【まやビューライン夢散歩】
    【ケーブル線(摩耶ケーブル駅~虹の駅間)】
    片道:430円(220円)往復:860円(430円)
    【ロープウェー線(虹の駅~星の駅)】
    片道:430円(220円)往復:860円(430円)
    【全区間(摩耶ケーブル駅~星の駅間)】
    片道:860円(430円)往復:1500円(750円)
    ()内は子供料金

 

六甲ガーデンテラス

六甲ガーデンテラス

兵庫県神戸市灘区の六甲山上にある「六甲ガーデンテラス」は、2003年4月、かつて「凌雲台」と呼ばれる一帯にあった「回る十国展望台」等の施設を撤去した跡地をリニューアルして誕生しました。

標高880mに位置する六甲ガーデンテラスは、六甲山に点在する夜景スポットの中で最も知名度が高く、最もスケールの大きなパノラマ夜景が見られる夜景スポットでもあります。

「見晴らしの塔」、「見晴らしのテラス」、「見晴らしのデッキ」、「六甲枝垂れ(ろっこうしだれ)」の4つのビュースポットがあり、それぞれ見る角度や時間帯によって異なる表情が楽しむことができます。

中でも一番のオススメは、高さ11mの「見晴らしの塔」です。

「見晴らしの塔」からは、視界を遮るものが一切無く、明石海峡、神戸市街はもちろんのこと、大阪平野、関西国際空港まで一望できる大パノラマ夜景が広がります。

また、西側にある施設群は、英国調のおしゃれな欧風建築で統一されており、日が落ちるとライトアップされて雰囲気抜群です。夜景を眺めながら食事ができるレストランもあり、特に週末は、カップルや観光客で賑わいます。

六甲ケーブルやバスなどの交通機関が整備されていますので、ぜひ六甲ガーデンテラスを訪れ、全国的にも屈指のスケールを誇る大パノラマ夜景をお楽しみください!

基本情報

  • 住所:神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
  • アクセス:六甲ケーブル山上駅で六甲山上バスに乗り換え「六甲ガーデンテラス」下車すぐ
  • 営業時間:9:00~21:00
    (季節・曜日・天候・店舗により異なる)
  • 定休日:なし
    (冬期は店舗により不定休)
  • 電話番号:078-894-2281

 

天覧台(てんらんだい)

天覧台

天覧台は、昭和56年5月25日に昭和天皇がご覧になられたのを記念して名付けられました。

雉(キジ)のモニュメントが設置されており、これが天覧台の特徴ともいえます。夜景の解説が詳細に記載されている夜景案内板も設置されています。

ここからの夜景は、大阪・神戸を一望できます。現在は、営業時間が設定されていますが、以前は終日開放されていました。その時から深夜にも関わらず人が途絶えない人気スポットでした。

車内鑑賞も5台程度可能ですが、展望台からの眺める方が視界の広いパノラマ夜景を眺めることができるので、展望台に上ることをおすすめします。

ゆったりくつろげる「TENRAN CAFE」もあります。

TENRAN CAFE

 基本情報

  • 住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷
  • 定休日:終日開放
  • アクセス:
    【電車・バス・ロープウェー】
    神戸電鉄「有馬温泉駅」からループバスに乗車し、六甲有馬ロープウェー「有馬温泉駅」下車(約6分)
    →「有馬温泉駅」から六甲有馬ロープウェーに乗車し「六甲山頂駅」下車(約12分)
    →六甲有馬ロープウェー「六甲山頂駅」から六甲ガーデンテラスへ徒歩約6分
  • 無料駐車場あり

 

スポンサードリンク

 

鉢巻展望台

鉢巻展望台

鉢巻展望台は、表六甲ドライブウェイに併設されており、六甲山の中腹に位置する展望スポットです。

「掬星台」や「天覧台」よりも標高が低いため、気象条件に恵まれていなくても、大パノラマが鑑賞できる場合もあります。

この展望台からの夜景は、大阪・六甲アイランド方面が中心になりますが、六甲アイランド、ポートアイランドの埠頭も近く、神戸市街地の湾岸部の夜景が間近に見え、臨場感は抜群です。

基本情報

  • 住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町東山ノ内西谷
  • アクセス:阪急電鉄神戸本線「六甲駅」から約20分
  • 営業時間:(21時過ぎになると街灯が消灯)
  • 定休日:終日開放
  • 料金:無料

 

天狗岩

天狗岩

天狗岩は六甲オリエンタルホテルの駐車場へ続く道に入り、道なりにまっすぐ続くと車が数台停められる駐車場があります。

駐車場から降り、右手にある道を進み、階段を登ると大阪方面を中心とした夜景を見渡せます。

六甲山の中では人が少なく、マイナーな穴場スポットです。

足場が悪く暗いため、懐中電灯持参で行った方がbetterです。

心配な方はお昼に下見に行く方がいいかもしれません。

夜景はまちがいなく絶景です!

本情報

  • 住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町西谷山
  • アクセス:
    車:阪神高速3号神戸線魚崎出口で高速を下り、国道43号を姫路・三宮方面へ。「東明」交差点を右折、六甲山上方面へ。「丁字ヶ辻」を右折後、「記念碑台」を右折。『六甲オリエンタルホテル』の手前の細い道を右折。
    バス:阪急バス[表六甲線]旧オリエンタルホテルバス停より徒歩約6分。
  • 営業時間:終日開放
  • 料金:無料

 

スポンサード リンク

 - レジャー

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

登山
紅葉の季節・登山に行こう!関西で登山&ハイキングができる山は?

日中もだいぶ気温が下がって過ごしやすい気候になってきましたね。道路沿いの銀杏も黄 …

紅葉と太陽
紅葉の北海道で登山&ハイキング2016!初心者でも楽しめるのは?

北海道の紅葉は駆け足。 山から里へ、雪に追いかけられるように紅葉も駆け下りてきま …

星空のイルミネーション
イルミネーション2015東京オススメは六本木ヒルズで星空のデート

大都会の夜景に、リアルとヴァーチャルの星空が共演する「星空のイルミネーション」。 …

相模湖イルミリオン
相模湖イルミネーションで楽しむ!点灯時間・期間・料金

相模湖イルミネーションといえば、関東で最大規模の550万球にもなる相模湖イルミリ …

鈴鹿イルミ2
コチライルミネーションを観に鈴鹿へ!期間・時間・楽しみ方

  鈴鹿サーキットのホテルとレストランに囲まれた中庭で、約12万個のL …

山梨の秋2
紅葉の山梨でぶどう狩り・ワイナリー併設のレストランで絶品グルメ

甲州ぶどう栽培1200年の歴史を持つ山梨には、数多くのワイナリーが存在します。 …

ディズニーランド
クリスマスのディズニーランド2015・このグッズは手に入れたい!

ディズニーランドでのクリスマスに憧れる女性は多いですよね! サンタの衣装を着たり …

紅葉の山・東海
紅葉の登山に行こう!2016東海日帰りで楽しめるのは?愛知・三重

紅葉の時期の登山やハイキングは、たくさんの方に人気があります。 東海地方で、紅葉 …

雪祭り ワンピース
北海道の冬の祭典・雪祭りに行こう!最大限に楽しむポイントは?

1950年に、地元の中・高校生が6つの雪像を大通公園に設置したことを きっかけに …

紅葉の渓谷
紅葉の登山&ハイキング2016東北・福島で初心者も楽しめるのは?

登山シーズンの最後にやってくる紅葉期間は、山が最も映える時期です。 赤や黄色に変 …