これいい部

これいいね、いいよね~、と思える事を集めました!

地震予知的中!早川教授主宰の「地震解析ラボ」地震予知アプリも!

      2016/07/17

地震雲3

 

スポンサードリンク

 

驚異の的中率

 

地震予知研究の専門家で、電気通信大学名誉教授の早川正士教授がまたしても予測を的中させました。

茨城県で9日早朝に発生したマグニチュード(M)4.7、8日午後の青森県東方沖を震源とするM5.5を事前に警告、どちらも夕刊フジ紙上で注意を呼びかけていたものです。

9日早朝、茨城県南部を震源とする地震が発生し、栃木県で最大震度4を観測したほか、茨城、群馬、埼玉、千葉県で震度3、東京都内でも震度2の揺れが伝わりました。

気象庁の推定では、震源の深さは約50km、規模はM4.7。

これを予知、的中させたのが日本地震予知学会会長の早川氏。

自身が主宰する地震予測情報サービス「地震解析ラボ」で、「5月31日から6月11日までに福島から茨城にかけて内陸、海底ともにM5・0前後、最大震度4程度」と発表しています。

6月1日、4日、6日の本紙でも注意をうながしていました。

8日午後3時1分ごろには、青森県東方沖の深さ約70キロを震源とするM5・5が発生し、同県で最大震度4を観測したが、この地震も事前予測に成功しています。

5月26日の地震解析ラボで、「5月27日から6月7日までに十勝から岩手にかけて内陸でM5・0、海底でM5・5前後、最大震度4程度」と公表していました。

 

次はどこが危ないのか

 

早川氏は房総沖、茨城など複数のエリアを警戒するよう呼びかけています。

地震解析ラボによると、

(1)鳥取から島根(10日まで)
(2)福島から茨城(11日まで)
(3)和歌山から徳島(14日まで)

この3エリアは内陸、海底部ともにM5・0前後、最大震度4程度の可能性があります。

さらに、

(4)北海道根室から釧路沖にかけて内陸、海底部でM5・0前後、最大震度3程度(17日まで)
(5)房総沖と、相模湾から伊豆諸島にかけて内陸でM5・0、海底でM5・5前後、最大震度4程度(同)-の恐れがあるという事です。

 

今回、(2)のエリア(福島から茨城)で地震が起きたが、電離層の観測から、海底側でM6・0規模の地震が起きる可能性も否定できなくなってきた。

引き続き、このエリアは警戒が必要だ。

(早川氏)

 

スポンサードリンク

 

地震解析ラボとは

 

社名はインフォメーションシステムズ(株)。

電気通信大学名誉教授・早川正士教授が主催する会社。地震予知はすでに商品になっているのです。

「地震解析ラボ」アプリも存在しています。

いつどこで、どれくらいの地震が起きるかを数日前に予測してくれます。情報は週1~2回更新される。(有料版、無料版あり)

地震解析ラボ

 

どのくらいの地震ならどのくらい?

 

利用者としては、自分のいる地域がどのくらいの震度になるかを知りたいところですよね。

しかし地震解析ラボでは期間、マグニチュード、場所、規模の範囲などの情報が提供されます。

これは、日本が4つのプレートの上にあり、多くの活断層、地層によってできている事からくるんです。

震源の深さ、断層の位置、地盤・地質などによりわずかな距離でも震度に違いが出る為、残念ながら、地域ごとの詳細な震度表示は未だ困難。

ただマグニチュード6以上、地面からの深さ30km以内、海岸線より50km以内の内陸等の条件が揃った場合、津波でなく地震そのもので大きな被害が出ると考えてよさそうです。

 

EAL地震予測情報

 

地震解析ラボが実用配信している「EAL地震予測情報」。

早川教授が分野のトップとして蓄積してきた研究データを元に、世界で初めて実用化された「地震予測情報サービス」です。

地震の被害を少しでも小さくする為には、予測情報を活用して防災の備えをすること、同時により速やかに復旧に対応できる備えを準備する事が大切です。

またこのシステムは、同じく地震に脅かされている多くの国々に対して、現在日本だけが提供できる大きな国際貢献でもあります。

巨大地震がやってくる事を数日前に知り、そして備えをすることで、パニックを引き起こすことなく、冷静に対処する為に、私たちの大きな力になってくれるにちがいありません。

 

<この記事を見た人はこんな記事も見てます>

地震の時子供を守る為に・お父さんお母さんから子供に伝える防災対策

地震!その時東京の地下鉄の中にいたら!パニックにならない為には?

地震の備え生死を分ける意外な必需品-被災者から学ぶ防災新常識

地震の時の荷物は?何をどれだけ準備がいる?防災グッズチェック

スポンサード リンク

 - 防災

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地震雲
地震の備え生死を分ける意外な必需品-被災者から学ぶ防災新常識

  ここ最近頻発している噴火や地震。防災に対する意識を新たにしている人 …

箱根山5
箱根の山は天下の険この唱歌の歌詞の意味は?そんなに険しい山?

火山活動が警戒されている箱根山。 富士山に比べるとそれほど高い山ではありませんが …

空から見た箱根山
箱根山がもし噴火したら!被害はどのくらい?東京・横浜にも及ぶか?

  箱根山の歴史   スポンサードリンク   約5 …

future
南海トラフ地震を予知していた?未来人は5月17日に現れるのか!

出典:www.ourfutures.net 4月に発生した熊本地震では、甚大な被 …

遠浅の海
熱中症で救急車で搬送されると保険適用にはならないの?

猛暑の日々が続いていますね。 今年は観測史上最も暑くて長い夏になることが予想され …

地震雲4
地震の時子供を守る為に・お父さんお母さんから子供に伝える防災対策

大きな地震はいつ襲ってくるかわかりません。 いざというときに子どもを守ってあげら …

ストップ
被災地での性被害熊本でも多発!女性・子供たちの身をどう守る?

「性被害・性暴力、DVなどが増加します」こんなチラシが、熊本市で配られています。 …

箱根山3
箱根山活発な火山活動長引く不安な状況地元経済への影響

    不安定な状態がつつく箱根山。 影響はどのように広がっ …

伊勢志摩タイトル
伊勢志摩サミットで南海トラフ地震?被害の規模は?考えられる対策

5月26、27日に三重県伊勢志摩で開かれるG7伊勢志摩サミット。 準備が着々と進 …