これいい部

これいいね、いいよね~、と思える事を集めました!

「アスクル」火災止まらず・株価暴落し配送に影響も

   

askul

埼玉県三芳町上富の通販会社「アスクル」の物流倉庫で16日に発生した火災は、19日未明に2度の爆発があり、近隣2世帯6人が避難所に一時避難しています。

16日に発生してすでに3日立ちますが、鎮火のめどは立っていません。

埼玉県によると、消防が19日の午前0時台に2度の爆発を確認、報告を受けた三芳町は、倉庫近くの3世帯に対して避難勧告を出し、一時避難しました。

倉庫は全体の6割にあたる約4万5千平方メートルが燃えたとみられています。

画像出典:http://kawase-cpa.co.jp/works/sales04/

 

スポンサードリンク

 

火災の原因

 

原因は未だ調査中。

鎮火していない状態なので、調査に手が付けられていないのでしょう。

ツイッターではかなりの画像が投稿されています。

 

なぜ鎮火しないのか

 

消防が駆け付けた時、3階建て倉庫・1階部分に保管されていた段ボールから火が出ていたとの事。

火がある場所とは思えないので、放火の可能性もあります。

段ボールだけではなく、コピー用紙などが大量に置かれていてそれが燃えたとすれば、短時間で大きな火が発生したとも考えられます。

通常、このような物流倉庫にはスプリンクラーがついていますが、それが追いつかないほど突然だったのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

出荷への影響

 

同社によると、倉庫内にある個人向けインターネット通信販売サービス「LOHACO(ロハコ)」の商品のうち、東日本地区向けの酒や米など約4万種類が火事で出荷できない状態となり、再開のめどは立っていません。

【最新情報】

火災の影響で、いったん止まっていたネット通販の注文は16日夕方から再開しています。

ただ、通常よりも1~2日遅れるほか、「ロハコ」の東日本知己への配送は、神奈川県にある物流センターから出荷できる約3万5000種類のみになります。

今回の火災についてアスクルのHPではユーザーへのお知らせを掲載しています。

火災による影響について

2月16日9時頃、埼玉県入間郡の弊社物流センターにおきまして火災が発生しました。

近隣の方々をはじめ、多くのお客様に多大なるご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

現在、サービス復旧にむけて全社一丸となって尽力しておりますが、下記の対象地域のお客様につきましては、当面、他の物流センターから出荷をいたしますので、最短翌日または翌々日のお届けとさせていただきます。

また、当該物流センターのみで在庫しております一部商品について、一時販売を停止させていただきます。

代替商品があるものについては、該当商品を継続的にご購入いただいておりますお客様に別途ご案内をさせていただく予定です。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

対象地域:埼玉県、山梨県、長野県、群馬県、栃木県

配送サービス:最短翌日または翌々日のお届け

※アスクルプリントセンター(名刺、封筒、チラシなどの印刷物やオーダーメイドのはんこやスタンプ)、家具組み立て設置サービス、翌々日配送家具、大型電化製品、アスクルオフィスづくりサービスにつきましては、通常通りのサービスを提供しております。

以上

物流センターは全国にいくつかあるようですが、当面は別のセンターから送るなどで対応していくようです。

届くまでに、通常より時間はかかってしまうかも知れません。

 

アスクルの株価続落

 

まだ鎮火もしておらず、再開のめどはたっていません。

ネット通販事業への影響が、今のところ見通せないことで、17日の東京市場でアスクルの株価は続落しています。

16日には前日比7%下げていますが、17日はさらに同2%安の3320円で取引を終えました。

 

まとめ

 

今注文中のものがある、会社で定期的に届けてもらっているものがあるなどの場合は、公式HPを定期的に見ておきましょう。

アスクル公式HPはこちら

「LOHACO(ロハコ)」HPはこちら

 

スポンサード リンク

 - 事件・事故

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

%e9%ab%98%e9%bd%a2%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc
高齢ドライバーの運転による事故が多発!原因と背景・対策をさぐる

高齢者の運転による交通事故のニュースが、テレビで目立つようになってきました。 「 …